· 

【育児保育・教育費無償化】とその裏の保育士

【5歳児以下の育児保育・教育費無償化について】

5歳児以下の育児保育・教育費無償化について】

 

 

『法律が変わると生活が変わる』とはよく言ったものですが、まさに今、法律の変化が目まぐるしい程変わっています。

 

今回は【育児保育・教育費無償化】について執筆します

 

 

このブログでは育保無償化を3分で解説しています

 

 

内容は下記に載せています。

 

 

【概要】

・【なぜ無償化にするの?】

・【無償化のデメリット】

 

育保無償化の概要

201910月から消費税と同じ時期に全面的に思考されます。

『5歳児以下の子育てをされている家庭は朗報です!』

と聞こえますが適応するには一定の条件を満たさないといけないという事です。

 

 

また、朗報の裏には悲報がある事も知っておく必要があると思っています。

 

【まず結論から先に言います】

 

0・1・2歳は【住民税非課税世帯】のみ適応

3・4・5歳は【ほぼ全員】適応

 

対象となるのは

・保育所に通う0~2歳の住民税非課税世帯の子ども

・3~5歳の幼稚園、保育所、認定こども園、幼稚園の預かり保育、認可外保育園などの利用料が基本「無償」です

 

【住民税非課税世帯】とは

ざっくりですが年収200から300万円以下の世帯や生活保護を受けている世帯になります。

もし分からなければ市役所の税務課に連絡すれば教えてもらえます。

 

 

【上限額】

0~2歳の認可保育園は無償

0~2歳の認可外保育園は42,000まで

3~5歳までの保育園は37,000まで(実質無料)

3~5歳までの幼稚園は25,700まで(実質無料)

 

 

3歳児~は公立であれば基本無償だと思いますが

私立の幼稚園など単価が高い幼稚園は「月25,700円」の無償上限で足りない金額は補填となります

ちなみに給食代や・諸費用・送迎代(バス利用料)や制服代などは、実費請求です。

 

 

3つのポイント

 

①「利用料」が無料

全て無料な訳ではなくその他は料金はかかるという事

 

 

②「預けている子供に向けた制度」

3歳以上の認可外保育園の無償化も認められましたが、人気のあるところはすぐに受け入れ枠が埋まるので、「待機児童問題」は解決していないです。

何かしらの形で保育園、幼稚園に入っている子供を対象にした制度です

 

 

③「保育の必要性がある」という条件

子どもの両親ともに働いている、 母子家庭・父子家庭。 保護者のいずれかが身体および精神疾患などで家庭保育が難しい、 親の介護で、家庭保育が十分にできない

など、若干自治体で条件は異なりますが、これらの条件に当てはまっている事が条件です。

 

【なぜ無償化?】

【なぜ無償化にするの?】

 

①「少子化問題」

育保無償化にしたところで「よーし子供を作ろう!」とはならないですが、

そのきっかけになるという見方ができると思います。

親としては少し気持ちが楽になりますよね。

 

 

②「労働人口の減少」

無償にする事で主に女性の社会進出を後押しして労働力を上げよう!という政府の狙いがあると思います。

少子高齢化の波が来ています

 

 

③「消費税増税の負担感の低減」

一時的消費が冷え込むのを軽減する狙いがあると思います。この財源は同じく10月から開始する消費税です。消費税を支払うのであれば免税や国の政策の恩恵には授りたいものですね。

ちなみに消費税の税額のうち、この育保無償化には7.2%使われるそうです。金額だと7764億円です。オーマイガー

育児教育・保育の無償化とその裏について
育児教育・保育の無償化とその裏について

【無償化のデメリット】

【無償化のデメリット】

 

①待機児童問題

特に都内では待機児童問題があります。当然加速しますよね。無償だから入りたい人が増えるのに対して保育施設は増えない所か縮小しているので。

先生!頑張り所です!

 

②保育士さんの業務負担増加と保育の質の低下

ただでさえ低賃金の上、重労働の保育士さんにさらなる負担がかかる、負担が加速すると思います。

それでも安定した質の良い保育や幅広い教育プラグラムを実施している園に感謝を忘れない様にする事だと思います。

 

そこで提案

10月から保育士を対象に割引きしようと思っています!

名ずけて

『無償化でも頑張れ!保育士応援キャンペーン』

 

そのまま笑。

 

詳細はこちらから確認ください

https://g.page/kidscut/review

 

 

③私立幼稚園の値上げ

便乗値上げの可能性が高くなります。息子が入っている保育園も値上げをしていました。しょうがないと思います。

この制度だとやっていけない園も出てくると思うし環境に適応してやっている証です

まとめ

正直子供を持つ家庭からしてみたらめちゃめちゃありがたい制度だと思います。

 

使える家庭はフルに使う方がいいと思います。

とはいえ、その裏では支えている人たちがいます。その人たちに感謝しながら制度をつかう事が大切な事だと思います。

 

 

ちなみに

うちは住民税課税で息子は1歳半なので適応外です。企業主導型保育施設を利用していますが月の保育料が¥27,000です。

年間¥324,000。この金額が免除されるのは嬉しいですね。

 

3歳までは今まで通りなので待ち通しいばかりです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!