子供カットが得意な理由|0〜3歳以上のカットのコツ|子供なんて大嫌いだった理由

子供なんて大嫌いな私が子供好きになった理由

はじめに

 

 

突然ですが、質問です。

 

貴方が子供に抱く感情は次のうちどれか選んでください。

 

A「好き」、B「嫌い」、C「別にどうも思わない」の3つの選択肢しか選べないとするならば、

 

 

 

 

...

 

僕は迷わず完全にB

 

だった...。

 

 

 

 

 

2018年に待望の第一子(男の子)が産まれました。

 

今、現在1歳2ヶ月になります。

 

1年2ヶ月前にパパになったばかりの新米です。

 

 

正直、妊娠する前までは子供は「好いていません」

 

断言できます!本当に「好いていません」でした。

 

 

 

理由は後ほど伝えようと思いますが、

 

 

そんな僕がなぜ子供に特化した美容師になる事を選んだか?について伝えたいと思います。

 

いや、伝えるべきだと思いました。

 

 

この気持ちの変化は、自分史からしたら「ビックバン」とか「地球誕生」くらいに値するレベルでした。

 

もし同じ様な感情の人いたら連絡ください!飲みに行きましょう!

 

そんな話をつらつら書いていきます

 

 

美容師になった理由

子供に特化した美容師ホカゾノユウヤが美容師になった理由 池袋の子供といける美容院
子供に特化した美容師ホカゾノユウヤが美容師になった理由 池袋の子供といける美容院

そもそも、なぜ僕が美容師になったというと、

 

 

これ言うといつも「フっ」みたいな感じで笑われるのですが

 

「めちゃめちゃモテたかった」

 

これが理由です(笑)

 

これ言うの結構恥ずかしいですよ。心の中が見られていると言うか、スカートの中覗かれていると言うか...

 

まぁスカートは人生でそんなにはいた事ないんですけど(笑)「そんなに」ってのは突っ込まないで下さいね

 

 

女性は分かりづらいとは思うんですが、思春期の頃はまぁモテたくてモテたくてしょうがなかった男子でした。

 

なんでなんでしょうね?

 

常にカワイイ女の子を意識していましたし、どうすれば女の子からカッコ良く見られるか、どうすればあの子と付き合えるか、あの子とイチャイチャするにはどうすればいいか

 

そんな事ばかり考えていました。

 

しかも、変なカッコつけかたしかできなくて、停学処分数回、周りの人に迷惑かける系のカッコつけ方って言うんですか? そう非行に走ってカッコつけるアレです。

 

今思うと本当残念な男ですね。逆にカッコ悪いと言うか、モテたいのに完全に空回りしてました。モテから真逆に走っていましたね。

 

高校生まではそんな性格で、モテる職業って何かな?って思考は必然だったんです。

 

バイト禁止の高校だったのですが

もちろん、禁止のことはやってみたい性格なのでバイトしてました

 

 

バイト先で知り合った先輩が美容専門学校に通っていて

 

 

めちゃめちゃカッコ良かったですよね。

 

 

その先輩に憧れて自分も「美容師になろう!」即決めました。

 

単純明解。「美容師になれば絶対モテるし、カッコいいし、最高の世界しか待ってない!よし俺はモテてモテてモテまくるぞー!」そんな気持ちで美容師になる事を決めたのは今だに鮮明に覚えています。

 

高校生までは大学までエスカレーター式で行ける私立に通わせてもらっていたので、母親は美容師になる事に対して反対していました。

 

親父は「手に職をつける事はいい事だー」って背中を押してくれた時の「よっしゃー」みたいな感情は今でも忘れないです。

 

 

 

この歳になって思う事は母親にも父親にも感謝しかないですね...。

 

 

 

母親は僕の性格を全て知っているので、僕の未来に対して、僕の事を真剣に思って反対してくれたでしょうね。職業的な不安や離職率、給料形態など不安要素の塊だしそもそも美容業界のことに対して知らない事が多かったと思うので,,,

 

 

知らない事は怖い,,,,

 

 

人間には全員持っている感情ですし、当たり前に反対する気持ちは今ではよくわかります。

 

 

 

対して父親は「手に職をつける事はいい事だー」って賛成してくれたのもすごい事だと思います。父親も美容業界にはほど遠い業界のサラリーマンだったので知らない事だとは思うのですが

 

 

子供の未来を信じて応援してくれる

 

 

なかなかできる事ではない事だと思います。

 

 

「美容師になりたい」って初めて告白した時、2つ返事で応援してくれた事は今だにすごいな...と思います。

 

少なくてもちょっと考える時間があってもいいと、今の僕だったら思っちゃいます。

 

 

そんな偉大なオカン...僕の事を1番に考え、反対してくれてありがとう。

そして偉大なオヤジ...僕の事を信じて、2つ返事で賛成してくれてありがとう。

 

 

僕は2人の子供で本当に幸せを感じています。

 

今度はその両手じゃ持ちきれない愛を息子に渡す番がきてます!

 

ホカゾノ家の愛のバトンを渡せる様に奥さんと頑張ります。

子供好きになったきっかけ

子供といける美容 院 池袋のキッズカット
子供が好きな理由 子供が好きになったきっかけ

最初に書いた通り子供が大の苦手で、何が一番苦手だったかって

 

 

それは

 

「何話していいか分からない」

 

 

これが一番の理由です。

 

共通点ないし言葉通じないし感情丸出しだし鼻たれてるし。

 

鼻タレは冗談としても本当に子供の事が分からなかったんです。知らなかったんだろうと思います。

 

...だから会話が出てこないんです。

 

どちらかと言うと美容師を13年もやれているのでコミュ力は人並みにあるつもりです。人見知りもそこまで酷くない方だと思っています。ひとり旅よく行く位なんで。

 

ただそんな僕が、子供の会話の切り口すら分からないので、子供ってもう謎。未知の生物。

 

そんな感覚で最近まで子供の事を見ていました。

 

サロンにちょこんといても会話ゼロ。一応ニコっみたいな距離感でした。

 

それって共通している事があって、僕自身がこの人苦手だなーって思っている人とか奥さんと喧嘩している気まずい空気感に似ているって思いました。

 

 

さらになぜ苦手かと考えると、3つほど仮設があったのですが

 

仮設1=もともと人に興味が無かったんだろう

仮設2=僕自身が微妙な空気を出してしまい気づかれている

仮設3=好き嫌いがハッキリ分かれている方だから

 

などだったんですが

 

 

本当の答えは=人に与えるよりも与えられるのを待っている受け身スタンス

 

とういう性格ってところでした。

 

今までの性格は、人に与えられて初めて何かを与える事をしていたって事です。

わりと虚しい考え方だなと思います。

 

しかし同時にその事に気付く事が出来て本当に良かったと思っていて、

 

 

自分から何か相手に渡すと返ってくるんですよね。

 

 

例えば日常生活でできる事では...

 

会話です。

 

自分の事を考えて返す言葉と相手の事を思って返す言葉って違うと思うんです。

 

相手にベクトル?心の矢印?みたいなものを向けて話を聞く事だけで相手には渡している事になっていると思っていて

 

その意識で人と話すと必ず会話が膨らみます

 

それって私は貴方に興味がありますので貴方の事をもっと教えてくださいって言葉では言っていない感情を伝えているだけ。

 

その事に気付いたのが子供が産まれてからです。

 

 

子供は大人が周りにいないと生きていけないのです。周りの大人は嫌でもベクトルを向けないと成り立たない訳で、

 

僕も子供がいる時は常に子供の事を気にしながら生活していました。

 

 

それがきっかけでした....

 

 

なので子供と対話する時は常にベクトルが子供に向いていて、だから子供も私に対してベクトルを向けてくれているんだという事がわかりました。

 

 

今は子供が大好きで大好きでしょうがないです!

 

もちろん息子も愛しているのですが、他の全ての子供に対しても同じ様な感情が溢れてきます。

 

その様な考えに1回なってしまうと癖になるというか、今では大人も大好きですw

 

子供カットが得意なわけ

子供とカットに特化 池袋 子供 美容院 キッズカット
子供のカットが得意な訳

ここ最近です。

 

子供のカットが得意だと自負する様になったのは...

 

自分で言うとなんか嫌ですね、自信家みたいで。笑

 

でもなんでそんなに自信があるのかと言う事を説明します。

 

 

1番の理由は子供が人一倍好きだからです!

 

本当に好きで好きでたまんないです

 

好きな事を仕事にすると決めて、何しようかなー?って思った時期がフリーランス時代にあって

 

この様に独立できたのも子供が好きになったからです。

 

なので子供に携われる仕事って言ったら子供専門の美容師...コレだっ!

 

即決でした。

 

なので、前所属していた会社をそっこー辞めてすぐに子供専門の美容師として独立したのが流れです。

 

  • 子供のカットを経験しているうちに【ある自分の性格】がわかってきました。

 

子供カットも子育ても経営も経験しないと分からない事が多くて最初はかなり手こずりました。

 

 

1つ1つを検証して失敗してまた考えて、検証してを繰り返している間に、

 

だんだんクオリティーが上がってきて、うまくカット出来る様になってきて、

 

より精度を高めるコツみたいのがわかってきて、そこまで来ると楽しくなってきて。

 

 

人ってそんな感じで成長できる事に喜びを感じれる生き物だったんだってそこで気付けたのも、

 

 

それが子供カットが得意な理由かもしれません。

 

最初はヘタッピでも、好きな事が段々と上手くなってきて、好きになっている自分がまた好きw笑

 

↑もうこの性格は直らないかもしれないですw

 

 

多分私は、成長が大好物なのかもしれないです。

 

昔から同じ事の繰り返しが大嫌いで、

新宿のサロンに9年勤めていた時なんかは約8年間アシスタントを経験していて

毎日が同じ様な事の繰り返しでした。

なかなかスタイリストにデビューできなくて月1行われるテストでは12ヶ月間連続不合格だった経験もしたりして、

自分が前に進めていないと思い込んでいた事もあったのですが...

 

その事も今思うと大切な時間であったと思います。

 

その時の自分があるから今の私がある訳で、ブーたれていた自分が今では面白いなと思うくらいに思います。

 

 

  • Instagramも実は今年の2月から始めました。

 

もともとSNSはあまり得意な方ではない、というかリア充がやるものでしょ。

私生活はあまり積極的に載せてもいい事がないのでは?

 

そんな考え方だったのですがお店を経営する以上やってみよう、

 

みたいなノリでやってみたんです。

 

2019年2月から始めて今は2019年5月なので約3ヶ月の日が経っているのですが

 

僕の過去の投稿を見てもらいたい位です。w笑

 

 

投稿数172なので1日2つ位あげている計算ですが最初の方の

 

写真や動画のクオリティーが酷すぎてマジで笑えますw

 

 

 

 

現時点の時間をかけて検証した結果が今なのですが、まだまだインスタ映えの投稿とはほど遠いです。

 

ですがだんだん形になって来ていると周りの人から最近言われますw笑

 

 

 

 

 

そんな感じで、常に安定した生活よりも新しい事にチャレンジしている自分が好きで、

 

達成するにはどうすればいいのかを検証する事が好きで、結果が出たらめちゃ嬉しくて、

 

そんな自分の性格に気付けたのは平成時代の大きな宝物です!

 

【チャレンジ精神】

 

コレが今の僕の性格にあっている言葉だと自負しています。

 

 

 

  • 次に0歳から3歳以上の子供カットの検証していきます

 

 

 

0歳のカット

0歳児のカット 0歳 前髪カット
0歳児のカット 子供のカットで意識している事

余談ですが0歳の事を0ちゃんって呼んでます

 

0ちゃんカットは

 

本人からしてみたら全てが分からない感じです。美容院?髪の毛?カット?ナニソレ?

 

みたいな感じです。

 

なので温度調節とか、お腹の減り具合とか、オムツの気持ち悪さとか、生活環境が適していればいつでもカットができます。

 

ただ首が座ってないと切れないので生後6ヶ月前後からでしたら髪の毛を切れるかなーなんて思います。

 

 

意識している事は「いつも通りの環境」と「何事にも素早く」

 

前髪だけでもカットすると可愛さが倍増するのでポイントカットのお子様が多いです。

 

  • 誕生した赤ちゃんのファーストカットって特別ですよね!

 

今新しいサービスを作っています!フッフッフッ...

 

ファーストカットの思い出作り体験ができる様なことです。試行錯誤と検証を重ねてサービスとして形にしたら

公表するのでその時までお待ちください。

1歳のカット

1歳児のキッズカット  コボちゃん 男の子のカット
1歳児のカット 子供のカットで意識している事

1歳になって来ると少し自我が芽生えて来る歳ですよね。

 

なんとなく好きなモノや怖いもの、興味があるモノや、動くモノへの興味、など好き嫌いが分かれて来ます。

 

人によっては、髪の毛を切っている事は分からなくてもこの空間が好き、苦手ってお子さんが多くなるイメージがあります。

 

ママの近くにいないと心配なお子さんや、多少離れていてもYouTubeを見ていれば平気だよってお子さんもいる位です。

 

意識している事は「安心感」と「ママとの共同作業」です。

 

動画が好きな子供が多いので、集中している時にカットする。お菓子を食べている時にカットする。その繰り返しです。

 

私の統計的に1歳位の子供をカットすると80%以上の子供が泣きます。その中でもギャン泣きの子供は50%くらい居ます。それほど0ちゃんと比べると周りの視野が広くなってわかる様になっている子供が多いです。

 

なので1歳児をお連れになるママ様。ご協力お願い致します。

 

パワーがいりますが終わった後のスッキリ感はとても嬉しいものですよ

 

 

2歳のカット

2歳 キッズカット イヤイヤ期 子供のカット
2歳児のカット 子供のカットで意識している事

2歳児はイヤイヤ期です。

 

好き嫌いというか、なんかイヤ。何もかもイヤ!

 

 

なんて子供が多いですがサロンに入ると今までの環境がガラッと変わるので

 

実は最初はいい子が多いです。

 

意識している事は「長居させない」「飽きさせない」です。

 

2歳くらいから泣くお子様がグッと少なくなります。

 

逆におしゃれを楽しむ子供も多いので、カットすることに喜びを感じる子供が多いです。

 

1人で歩き回ったり、ずっと動画をみていたり様々なお子様がいるので切っていて楽しいです。

 

もしかしたらママもゆっくりヘッドスパなどできるかもしれませんよ。

3歳以上のカット

3歳児のカット 子供といける美容院 池袋
3歳児のカット 子供のカットで意識している事

3歳以上になると1人で座ってカットさせてくれる子供が多くなって来ます。

 

3歳位まではママ、パパの膝の上に乗せてもらいカットするのですがそれがなくなります。

 

なのでママは大分楽になると思います。

 

一緒に来て頂いてもママもゆっくりできると思います。

 

男の子の場合ですと、イタズラ好きが多いので

 

「ちょっとぉー何やってんのよ!」なんて思わず言ってしまう様な行動をとる子供も多いのでしっかり見つつカットしつつって感じです。

 

 

カットしている最中はとてもいい子が多いですよ。泣く子はほとんどいません。

 

意識している事は「承認欲求を満たす」と「似合うスタイルを見つける」です。

 

子供に特化した美容師

 

  • 池袋店の子供カットできる環境

 

池袋店は4名席が鏡一面張りで見渡せる空間になっており、半個室から個室に変形する事がでいます。

 

また、授乳、オムツ替え、ご飯、動画、などもできます。

お子様が歩き回っていたとしてもサロン内のお客様も子育てをされているお客様、あるいはされていたお客様が多いので

店内を歩きまわっていたとしても誰かが優しく見ていてくれます。

 

池袋店のオーナーさん(女性)も現場に出ている美容師さんですが

子供を2人育てている現役ママさんですしとても理解のある方です。

 

お子様がいて迷惑と思う人が1人もいないし、逆に支えあっていけるスタイルなので、

 

もし子供を連れていける美容院をお探しの方は気軽にご連絡ください。