シェアサロンとは

業界の変化=シェア

 

業界が少しずつ変化している事に気がつきました

 

それは美容師自身の変化でもあると同時にお客様や世の中の変化でもあります

 

業界が変化しているという事です

 

 

これは誰にも止められない変化でもある事です

 

時間が進んでいくのと同じで

 

 

 

時代の流れがその変化に変わろうとしている

 

 

気がする。

 

 

 

変化の1つが「シェア」する時代になっていると思います

 

世の中の使われていない物ってたくさんあると思うのですが、実はその使っていない物とか場所がビジネスとして

世界的にスポットを浴び始めています。

 

カーシェアリングとかメルカリやシェアオフィス、シェアハウスは日本でも馴染んでいるシェアモデルですよね!

 

インターネットが飛躍的に成長しているので人と人をつなぎ合わせるマッチングサービスが注目されているのも

時代がシェアを望んでいるからだと思います

 

日本ではまだまだですが、ウーバーとか自転車のシェアも世界中ではマッチングサービスとして一般的になってきています。

 

 

きっと美容室もシェアしていくのが当たり前になっていくんだろうと思っています

 

 

借りる側も貸す側もメリットがあって成り立つのが「シェア」なのでこの流れに美容業会を当てはめて考えていきたいと思います。

 

 

メリット(win win)

貸す側のシェアのメリットと借りる側のメリットを考察します

 

もともと今の美容業界には様々な働き方があって「面貸し」「業務委託」「雇用」など多様化していますが

「面貸し」がシェアサロンに近いものだと思います

 

面貸しとはフリースタイリストがサロンの設備と席をお借りして施術させて頂くものです。

 

  • 面貸しの特徴はお客様がお店ではなくスタイリストについているのが特徴です!

 

つまり「この人にやってもらいたい」みたいな感じです

フリースタイリストは自分の店がない為、席を貸してくれるサロンに在籍して必要な時間分を借りて施術するという事です

 

スタイリストは店舗を持つリスクがなく使用料と使った分の材料費を払うのみなので、無駄がなく時間を活用して働けます。

 

 

  • 業務委託の特徴はお客様がスタイリストではなくお店についているのが特徴です!

 

つまりお客様が他店舗と比較した時に「ここのお店の立地や雰囲気やお値段が魅力的」みたいな感じです

 

広告費も集客費も材料費も全て美容室もちでフリースタイリストはお店が集客してくれたお客様を施術できるしチャンスが多い事が特徴です

 

 

 

どちらも働き方には特徴がありますが、

 

面貸しサロンが伸び悩む理由があります。

 

それはズバリ言いますが【使用料がぼったくりレベルで高い!】事です。

 

面貸しサロンの始まりは約20年も前から働き方としてはあったらしいのですが、今シェア時代がきてるにも関わらずサロンとして増えていないのは不思議です。

 

まぁそこにチャンスがあるとも思っているのですが

 

*面貸しの使用料はこんな感じのサロンが多いです。

 

面貸し・・・指名売り上げの60%+材料費!or(30分750円+材料費)

 

 

 

これは働きたいと思っていてもなかなかの悪条件です

面貸しが伸び悩む理由です

 

 

確かに業務委託はわかります。お店が広告費を出して集客してくれるのでフリースタイリストは何にもしなくても

入客できるのでそれに応じた報酬です。まぁ半分は当然といえば当然なわけです。

*例*業務委託・・指名売り上げ50%+フリー売り上げ40%!

 

 

しかし面貸しのケースは美容室の空いている席を貸している状態であり、集客やサービスはしていないのが特徴です。

お客様はあくまでもお店ではなくスタイリストについているのでそこまで使用料を取らなくても良いと思います。

 

 

 

あくまでも適正価格で考えると

 

「家賃÷1ヶ月の日数÷席数÷営業時間」+使った分の材料費+電気水道代

 

 

という計算になります。

 

そこのお店の席が1時間あたりおいくらのお金がかかっているのかが適正価格ではないでしょうか?

 

 

例えば30万円の家賃で席数が5席で8時間営業の美容院の場合は原価価格は250円です。

 

1時間に最低でも250円売り上げないと家賃が払えない赤字になる計算です。

 

250円で貸し出すのは貸す側にも利益にならないし、

 

安すぎると変な美容師さんが集まってくる可能性もありますので

 

 

今のオーナーさんや周りのオーナー先輩と話した結果4倍の1時間あたり1,000円くらいでしょうか?

もしくは月で6〜9万円みたいな価格が適正かと思います

 

 

 

毎日満席になっているサロンは面貸しを考えないと思うので、席に空きがあるサロンは

 

 

1時間に0円の売り上げが1000円になります。

定期的に使用されるようになると1日最高8,000円になります。

さらに30日ですと24万円にもなりますよね!

それが2人いたら48万円です!

 

空いている席をシェアして売上を上げる方法の1つだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面貸しサロンで働きたいけどスタイリストが少ない理由がそこにあります。

 

 

 

お店をやめてもお客様がいないと生活できないし、売り上げが50万あげたとしても60%だと25万です。

 

そこから交通費とか保険とか税金を払うとまぁ無理ですよね。

 

スタイリストからすると多くのお客さんがいないとキツイし、

 

 

わざわざ場所を変えてまでお客様が離れる可能性がある道を選ぶのもリスクがあると思います

 

 

 

しかし使用料が安かったら人は集まるんじゃないか?と思います

 

サロン側も他の美容師と会う機会は刺激になると思うし、売り上げも多少なりとも増えるので「WIN WIN」の関係ではないでしょうか?

 

 

 

ルール

借りる側にも貸す側にもルールを設けないといけないと思います。

 

 

例えば借りる側は

  • 綺麗にサロンを使う
  • 掃除は徹底的にする
  • 当たり前だけど挨拶はしっかりする
  • 借りてあげてる感は出さない
  • 邪魔をしない

 

貸す側は

  • 貸してあげてる感は出さない
  • スタイルに関して口出しはしない
  • 新規に入ってもらうとか、お店のお客様を一緒に施術しない
  • この時間来てねっとか時間の制約はしない

 

とかですかね。

全部当たり前のことなんですがあくまでも「雇用」ではないので縛りは無しです。

お互い貸して頂いている、借りてもらっている気持ちがあれば気持ちよく働けると思うし

どっちが偉いとかない働き方だと思うんです。

 

 

 

あくまでも同じ美容師として手を取り合い、シェアしていく心を忘れなければうまくいくと思います。

 

 

 

 

まとめると

 

  • 「シェアの時代がやってきている」
  • 面貸しをもう1回考え直しお互い「WIN WIN」の関係で業界を盛り上げていく
  • お互い尊重しあって働く
  • そして私、ホカゾノユウヤはパートナーサロンを募集しております
  • 席を使用させていたけるサロン様、オーナー様ございましたらご連絡ください

 

長々ご視聴いただきありがとございました